English

Menu

Useful Information

お役立ち情報

東日本大震災から10年 ~復興の一つの象徴~

10年経ち悲願のラグビーワールドカップ開催

先月の3.11、東日本大震災からちょうど10年が経ちました。十年は一昔と言われますが、日本周辺における観測史上最大の地震による災害は、10年経った今でも、多くの爪痕を残しております。未だ県外への避難者や、行方不明者が多くおられます。10年の間に、被災に遭われた方々は必死に暮らし、ひたすらに復興を願ってきたかと思われます。

復興の一つの象徴として、被災地である岩手県釜石市での2019年ラグビーワールドカップ開催があります。

筆者に近しい方で、釜石市にある社会人ラグビーチームの新日鉄釜石(現・釜石シーウェイブス)に所属していた方がおられます。ワールドカップを開催するにあたり、震災当時の惨状を目の当たりにしていたがゆえに開催が難しいと思われる状況だったといいます。しかし、町の人々の「ラグビーで町を元気にしてほしい」との声があり、多くの方の尽力の結果、東北の復興を世界に知らしめることに成功しました。開催が実現した時には、喜びは本当にひとしおだったそうです。

天災はいつ、どこで、どのような被害をもたらすかが分かりません。決して他人事ではありません。筆者の立場でいえば、この10年の間に関西地区で大阪府北部地震が発生しました。常に天災を意識することを心がけ、また被災された方に対してはみんなで助け合うという姿勢が大事ですね。

 

– CTMオンラインショップ-

セキュリティに関するグッズを販売しています♪

 ↓ ↓ ↓


Contact

シー・ティ・マシンへのご依頼、ご相談、
お見積もり等がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。