ローディング

沿革 | セキュリティ用品のシー・ティ・マシン

english

Company 会社情報

沿革
History

シー・ティ・マシンのあゆみ

1976年 (昭和51年)

創業者・高橋千秋氏によりシー・ティ・マシナリー株式会社 設立

所在地  大阪市東淀川区山口町

駐車場用無人管理装置開発着手

1977年 (昭和52年)

駐車場用無人管理機1号機(カードシステム、遮断方式)完成

国産初の無線方式の車両出入口用門扉式自動ゲートシステム納入
(ゴールデンパーキングゲートと命名)

1979年 (昭和54年)

日本住宅公団の要請・協力により、チェーン張架式自動開閉ゲートの開発に成功

公団1号機として「森之宮第2団地」に納入運転開始

建設業の許可を受ける

大阪府知事(般-54)第4358号 [機械器具設置工事業]

1980年 (昭和55年)

商号をシー・ティ・マシン株式会社に変更

1981年 (昭和56年)

商品名「ゴールデンパーキングゲート」を<ロボットゲート>に改称

1982年 (昭和57年)

大阪市東淀川区東中島1-20-14に本社を移転

(株)団地サービス(現、日本総合住生活株式会社)と販売提携

1984年 (昭和59年)

マレーシア、バーレーンに「ロボットゲート」を海外輸出

1985年 (昭和60年)

東京都江東区に東京営業所を開設

1993年 (平成5年)

イタリアの自動開閉ゲート用駆動装置のメーカー、CAME S.P.A(カーメ社)と販売提携

1995年 (平成7年)

東京営業所を東京都荒川区西日暮里に移転

1996年 (平成8年)

建設業・建設大臣許可に変更(般-7)第16462号

バリアフリー製品、ロボコラムを開発

フランスURBACO S.A(ウルバコ社)と販売提携

1997年 (平成9年)

車止めボラードシステムの納入を開始

ホームページ開設

大型チェーンゲートRG-DC907型を発表、販売開始

1998年 (平成10年)

新型IDリモコンシステムを開発、「ロボ太郎」として販売開始

建設業追加登録許可

建設大臣 許可(般-10)第16462号

土木工事業、電気工事業、機械器具設置工事業

1999年 (平成11年)

阪神地区震災復興住宅各所にロボットゲートを納入

2000年 (平成12年)

車止め装置「パイプゲート」を開発

建設省(現 国土交通省)管轄の河川敷にパイプゲートを納入

2002年 (平成14年)

強行突破阻止装置「旋回式自動バリケード」を開発

小型チェーンゲート202シリーズを発表

2003年 (平成15年)

中型チェーンゲートDX203Nを発表

2005年 (平成17年)

中西金属工業(株)グループとして新生スタートする。

2006年 (平成18年)

本社を大阪市北区天神橋4-7-16  扇町ビル7Fに移転

2007年 (平成19年)

ボラード「ルクソール」を販売開始

バーゲート「GARD」を販売開始

2008年 (平成20年)

小型監視カメラを販売開始

2009年 (平成21年)

フリーデザインゲートを販売開始

ロイヤル・ゲートタワーを販売開始

2010年 (平成22年)

屋外用LED照明投光器を販売開始

工場用LED照明器を販売開始

2012年 (平成24年)

本社を大阪市北区天神橋1丁目12番8号 創建天神橋2Fに移転

フジテレビ系列『ほこ×たて』に出演

2013年 (平成25年)

東京営業所を東京都中央区京橋1丁目1番1号  八重洲ダイビル7Fに移転

2016年 (平成28年)

小型チェーンゲート「DC215」を販売開始

警備業認定取得

イスラエル MYSTRAL DETECTION(ミストラル社)と販売提携

pagetop